第一章 中医の基礎理論:陰陽の基本概念と応用 9頁

人体の組織と構造

 

人の上部は陽、下部は陰である。

 

体表は陽、体内は陰。

 

背は陽、腹は陰である。

 

四肢の外側は陽、内側は陰。

 

というように、それぞれの場所(機能)別に陰陽で表される。

 

体内の臓と腑を分ければ、五臓は裏に属し、精気を蔵(かく)して泄(も)らさないので、陰である。

 

六腑は表に属し、物を伝化させて蔵(かく)さないので陽である。

 

五臓にも、それぞれ陰と陽に属するものがある。

 

心と肺は上部(胸腔:きょうこう)に位置するので陽に属し、肝・脾・腎は下部(腑腔:ふこう)に位置するので陰に属す。

※本当はまんがの絵があるといいのにね~♪

 言葉で説明は難しいけど・・・・・

 

どの臓器にも陰陽がある。

 

たとえば・・・・・

心に心陰と心陽、腎に腎陰と腎陽がある。

 

人体には陰陽の対立と統一を含まないものはない。

 

◆人体の生理功能

 

陰陽学説では、正常な生命活動を、陰陽が対立と統一の

 協調関係を保持する結果とみなす。

 

功能とは物質を比較すれば、功能は陽、物質は陰に属し、

両者の関係はこの種の対立と統一の関係を表す。

 

人の生理活動は、物質を基礎にして、物質の運動がなければ功能を生み出せない。

 

生理活動の結果、物質の新陳代謝もたえず促(うなが)される。

 

人体の功能と物質との関係は、陰陽の相互依存、相互消長の関係。

功能は顕微鏡でも見つけられないもの。

 

陰陽が相互に作用せず分離すれば、人の生命活動にも終止符

が打たれる。

 

【黄帝内経 3番の生気通天論篇(せいきつうてんろん)】に、

「陰平にして陽秘なれば、精神乃ち治す。陰陽離決すれば、生気乃ち絶す」とある。

 

意味は、平和で陽気が緻密に固守してこそ、精、神は正常でいられる。

陰陽が分離して決裂すれば、精気もそれに従って、竭絶(けつぜつ)してしまう。

陰陽をちゃんと知らないと・・・・・こわいね~♪

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

白露(9/8~9/22)

陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)

野には薄の穂が顔を出し、秋の趣がひとしお感じられる頃。

七十二候

玄鳥去(つばめさる)

燕が南へ帰って行くころ。

〔白露の末候〕

* 9月18日~9月22日ごろ。

季節は仲秋

2017年8月葉月 戊申 二黒土星 中宮
2017年8月葉月 戊申 二黒土星 中宮

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
予約鑑定承ります!
予約鑑定承ります!

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。