五行で学ぶ養生法・・・・・はじめ

養生法って耳慣れない言葉。

 

今日からのあたらしいテーマは「五行で学ぶ養生法」。

 

黄帝内径の次に学ぶのは・・・・ブックオフで購入(^^♪  600円。

 

 

まんがで学ぶ、中国古来の養生法。

 

まんがだから簡単かなって思ってはいけない・・・・多分、理解は困難。

 

でも、漫画だから楽しみながら読めそう。

 

人体の小宇宙、その神秘のメカニズムを
 中国古来の陰陽五行で解き明かした

 からだと健康の「取り扱い説明書」との事。

 

私には難しい事わからないけど養生法って言葉が気にいった。

 

素人が学ぶべき事は「病気を知る」ではない。

 

「元気で健康でいたい」・・・・からだよね(笑)

 

皆して病気を勉強するのはやめよう♪

養生法で元気でいる方法を勉強しようね。

 

理由は簡単、病気だけを調べていくと、脳は病気を自分の中に作ってしまうから・・・・

 

前向きに楽しみながら進もうと思ったら、元気になる生き方の方が
 絶対である♪

 

特に五行をつかって解き明かすって、特に面白い(^^♪

 

はじめに・・・・・のページには。

 

人類が自分の身体を観察し、認識するのに十分な知識と手段を持ち合わせていなかった時代。

 

方程式の仮説をたてた。

 

それが・・・・

 

① 『外を司(つかさど)り内を揣(お)しはかる』

 

② 『象を取りて類を比す』:人体の外部に現れるものによって

    臓腑の功能(*1)の変化を逆推測する。

 

この二つの方法により

 

③『表から裏に及び』

 

④『既知の事から未来のことに及ぶ』

 

このように整体論(*2)の観点から生命活動の奥義を見極めた。

 

凄いね・・・古代の知恵は学ぶと深さが違うと思う。

 

教えられた物は記憶するので大変、でも誰かの言葉を学ぶと
 別の何かも感じる事ができる。

今日から新しい学び楽しみます♪

 

用語の説明

*1:功能(こうのう)とは、機能、効用の事。

*2:整体論とは、人体の全体性と、人体と自然界との関係を重視する考え方。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

黄鶯睍睆(おうこうけんかんす)

鶯が山里で鳴き始める。

(立春:次候)

早春に「ホーホケキョ」と美しい声を響かせて鳴く鶯は「春告鳥(はるつげどり)」とも呼ばれています。

また、その年最初に聞く声を「初音(はつね)」と呼びます。

2月9日~2月13日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード