黄帝内経 79.陰陽類論篇(いんようるいろん) その1

黄帝内経の79番目は陰陽類論篇(いんようるいろん)。

 

黄帝が雷公に質問♪

 

黄帝⇒陰陽の類、経脈の道、五中(五臓)の主る所、何れの臓がもっとも貴きや。

 

陰陽、十二経脈、五臓のうち、何れが大切か、と黄帝が聞いている。雷公は肝が一番だと答える。

 

【医その臓をもって最も貴しとす。
 子が貴しと言う所はその下なり】

 

お前の答えは最低だ、と黄帝は叱る。

 

そして黄帝は「三陰三陽(一年間に配当してのもの)」について説明する。

 

①雨水(うすい)(2月19日頃)からの60日間は少陽経脈の気が盛んになる。この時期に弦脈が強く現れると少陽経病である。

 

②穀雨(こくう)(4月20日頃)からの60日間は陽明経脈の気が盛んになる。この時期に弦で沈脈が現れると陽明経病である。

 

③夏至(げし)(6月22日頃)からの60日間は太陽経脈の気が盛んになる。この時期に弦で浮で力のない脈が現れると太陽経病である。

 

④処暑(しょしょ)(8月23日頃)からの60日間は太陰経脈の気が盛んになる。この時期に沈んで堅い脈が現れると太陰経病である。

 

⑤霜降(そうこう)(10月24日頃)からの60日間は少陰経脈の気が盛んになる。この経脈は膀胱経と表裏をなし、上部で肺に繋がり、外で脾胃に繋がる。(病脈の記述なし)

 

⑥冬至(とうじ)(12月22日頃)からの60日間は厥陰経脈の気が盛んになる。この時期に浮滑の脈が現れると厥陰経病である。

 

一年間の季節の移り変わりにより、外界の陽気の多少に変化が生じる。

その陽気の変化を、身体外側にある経脈が受けて、季節に応じて変化して健康を保つ。

と言う事で正しい答えは季節で変わる病気の事ですね。

 

今日はここまでとします(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

芒種 (6/6日~6/21

芒(のぎ)ある穀類、稼種する時也(暦便覧)
稲の穂先のように芒(とげのようなもの)のある穀物の種まきをする頃。西日本では梅雨に入る頃。

七十二候

梅子黄(うめのみきばむ)

梅の実が黄ばんで熟すころです。

梅雨は、まさに梅の実が熟れる時季の雨。

(芒種:末候)

*6月16日~6月20日ごろ
季節は仲夏

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。