今日の卦は水風井(すいふうせい)

イーチンタロットの64卦の48番に「水風井(すいふうせい)」

 

のぼりつけて困窮した「困(こん)」の後は必ず下に返るから「井(せい)」となる。昔の人の言葉は凄い。

 

「井(せい)」を使ったのには、人の生き方を教えている。

 

村は移り変わっても井戸は変わらない。

 

人はここに汲みに行き帰る。

 

井戸は同じ場所で静かに澄んでいる。

 

事業を起こすとき、新しく主(あるじ)になった人は、

その昔の形をそのまま活かして続けるという。

 

起業の基本は目新しい事よりも、昔からの形を活かして続ける。得も多くないけど、損も少ない。

 

考えてみれば起業って新規性が大切と思えてきたけど・・・

 

それよりも丁寧とか親切とか感じが良いとか・・・・から

起業するのが昔から良いといわれているように思える。

 

事業というのは継続しなければ意味がなく、新規性で成功する確率は低いが、昔から好まれる方法で起業をする方が成功の確率が高いように思える(笑)

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小寒 (1/6~ 1/19)

冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也(暦便覧)
この日は寒の入り、これから節分までの期間が「寒」です。

七十二候

雉始雊(きじはじめてなく)

雄の雉が鳴き始める 。

〔小寒の末

*1月15日~1月19日ごろ
季節は晩冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。