黄帝内経 75.著至教論篇(ちょしきょうろん)

黄帝内経の75番目は著至教論篇(ちょしきょうろん)

なんと、これまでは黄帝さんと岐伯先生とのやり取りで流れてきたのが、この章では黄帝さんが先生となって、雷公さんに教えている。

 

でも、とっても短い章です。
10行で終了(笑)

黄帝明堂に坐せり。

 

雷公(らいこう)を招いて曰く。

 

 【子医の道を知るや】

 

雷公答えて曰く。

 

 【誦(じゅ)してすこぶるよく解す。

 

  解していまだ別かつことあたわず。

 

  別かちていまだ明かしむことあたわず。

  明かしめていまだ彰すことあたわず。

 

  もって群僚(ぐんりょう)を治するに足りて、

 

  侯王に至ることあたわず。】

 

ここでは黄帝が先生となって、雷公に医道を勉強したか、と問うている。

 

雷公は、勉強するにはしたが、わかったようで、まだまだ難病までは駄目です。

と言っている。

 

本章ではこのような問答で終始している。

 

雷公は三陽三陰、天地人等の理を学びたいと言い、

 黄帝はそれが大切だと言っているらしい。

 

古代人の師弟関係のあり方をちょっと感じました(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/21~ 6/5)

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)
陽気がよくなり、草木が次第に生長して生い茂るという意味。

七十二候

紅花栄(べにばな さかう)

紅花(べにばな)が咲き誇るころ。

〔小満の次候

紅花はキク科の一年草または越年草。推古天皇の時代に朝鮮半島を経て渡来。安土・桃山から江戸時代にかけて、京染めの藍茜、紫根と共に代表的な染料として用いられた。

*5月26日~5月30日ごろ

季節は初夏

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。