黄帝内経 62.調経論篇(ちょうけいろん) その5

黄帝内経の62番目の「調経論篇(ちょうけいろん) その5」は病理状態を説明してくれている。

 

昨日は、病理を教えてくれた。

 

1.風雨(湿)が侵入する場合。

2.皮毛の外邪侵入する場合。

3.寒湿が侵入する場合。

4.怒りによる病理の場合。

5.悲しみによる病理の場合。

 

そして、今回は、

【陽虚外寒、陰虚内熱、陽盛外熱、陰盛内寒】

 

陽虚外寒:陽気は上焦(肺と心)にあって、それが全身にめぐり

       身体を温める。

       その陽気が虚した時に寒気がくると悪寒を発する。

 

陰虚内熱:労働などにより内部の気が虚する。

       陰気が虚すと上・中・下の三焦が通じなくなる。

       体内の熱は大・小便で出て行くが、これが通じなる
       なくなるから、身体に熱が多くなる。

 

陽盛外熱:外邪が侵入した時、上焦にある陽気が充分にめぐら

       ないと、皮膚の働きが悪くなって毛孔が閉じてしまう。

       そこで衛気が体表部に充満して熱を生ずる。

 

陰盛内寒:足の方から冷え込んできて、陽気のある上焦まで
       冷える。この時陽気が充分にめぐらないと、血まで冷え

       滞ってしまう。血が滞ると経脈の流れが悪くなって、
       身体の内部まで冷えてしまう。

 

陽虚陰盛=悪寒症状。

陰虚陽盛=発熱症状。

 

陰陽は互いに交流しバランスを保っている。

だから、病理状態は多くの場合このような形で現れる。

病症は寒、熱のどちらかが主になる。

 

◆写法:患者の吸気に従って針を刺入し、針を揺るがせ針孔を
 大きくする。抜針は針孔を閉じない。

 

◆補法:刺針にあたっては患者の気を伺い、患者の呼気に従って

 針を刺入する。次の吸気に従って針を抜く。針孔は必ず閉じる。

 

という流れになっている、そんなに難しくないよね。

ここまでならね(笑)

その、覚える時のややこしさが・・・・・面白いね~♪

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード