黄帝内経 62.調経論篇(ちょうけいろん) その3

黄帝内経 62番目は調経論篇(ちょうけいろん)の三番目です。

ここでは各臓の精気の有余と不足について教えてくれている。

 

「五種の神、気、血、形、志」の有余と不足について、残った「形と志」についてです。

 

4.形(脾の精気)の有余と不足。

 

形有余のときは腹が張って小便が出なくなる。

 

形が不足すると手足に力が無くなる。

 

この程度では脾臓まで悪くない。

 

気または血の変化と、臓の精気とが変化と合併して病症を現しているのではない。

 

たとえ悪くなったとしても、肌肉がピクピクと動く「微風」といった病気ぐらいのもの。

 

形が有余の時は陽経脈を写法する。

 

不足の時は陽経の略脈を補う。

 

「微風」は経にも絡にも刺さない。

 

皮膚に針先を接し、衛気のめぐりをよくするだけでよい。

 

形の有余とは肥満体の人のことです。

 

多くは脾虚胃実の証。

 

手足に力がはいらないのは脾虚で、陽気も不足している。

 

脾経と胃経を補います。

 

絡を補うのですから、浅く刺針するとの事。

 

5.志(腎の精気)の有余と不足。

 

志が有余すれば腹が張って下痢をする。

 

不足すると冷える。

 

この程度では腎臓まで悪くない。

 

気または血の変化と、臓の精気の変化とが合併して病症を現しているのではない。

 

たとえ悪くなったとしても、関節がガクガクする程度。

 

志の有余の時は、然谷穴付近の絡血を写する。

 

不足の時は復溜を補う。

 

関節がガクガクする時は、その悪い部分に針先を当てるだけでよい。

 

下焦の腎がしっかりしないと、冷えたり、下痢したり、あるいは下半身の力が抜けて、
膝がガクガクしたりする。

 

冷えるときは、復溜などを補います。

 

足が煩熱する時は然谷に軽く刺針する。針先を当てるだけでいい。

 

結果として、腎気のうっ積が取れて煩熱が治る。

 

これを写する。

 

※強く刺すという意味ではなく、補とは陽気が多くなって温まる事。写とは陰気が多くなって熱が取れる事。強刺激が写では無いらしいが・・・・ごめん、意味が整理できないです(笑)

 

病気は臓気の有余不足から始まる。

 

なんとなく雰囲気だけ受け取れた気がしますが、人に説明はできない状態です(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

白露(9/8~9/22)

陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)

野には薄の穂が顔を出し、秋の趣がひとしお感じられる頃。

七十二候

玄鳥去(つばめさる)

燕が南へ帰って行くころ。

〔白露の末候〕

* 9月18日~9月22日ごろ。

季節は仲秋

2017年8月葉月 戊申 二黒土星 中宮
2017年8月葉月 戊申 二黒土星 中宮

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
予約鑑定承ります!
予約鑑定承ります!

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。