黄帝内経 51.刺斉論篇(しせいろん)

黄帝内経 51番目は刺斉論篇(しせいろん)

 

鍼の刺法の浅深について説明している。

 

黄帝⇒願わくば、刺しの浅深いの分を聞かん。

    ※できるならば、針の刺し方で浅いとか深いを教えてほしい。

 

岐伯⇒言い回しが「傷ることなし」で纏っている(笑)

 

・骨を刺す者は筋を傷ることなし。

・筋を刺す者は肉を傷めることなし。

・肉を刺す者は脈を傷めることなし。

・脈を刺す者は皮を傷めることなし。

・皮を刺す者は肉を傷めることなし。

・肉を刺す者は筋を傷めることなし。

・筋を刺す者は骨を傷めることなし。

 

黄帝⇒余、いまだ言うところを知らず。願わくばその解を聞かん。

岐伯⇒骨を刺すに筋を傷めることなしとは、針、筋に至りて去り骨におよばざるや。

 

前章は鍼が深すぎた時の注意でしてた。

 

この章は、病所に鍼が届かなかった場合、つまり浅すぎる場合を教えている。

 

黄帝が鍼が浅すぎて何が悪いのか分からないので教えてほしいと言う。

 

その答えが、骨をさすのに筋の部までしか鍼が届かないと、やたらに筋を傷めて悪くするだけだと言うのです。

 

実に針治療の要は深さにあります。

 

深すぎても浅すぎても悪くなるのです。

 

ここでいう「皮、脈、肉、骨は針の深さを示す基準と考えると理解し易いと思います。」

 

との事です。

素人には難しい言い回しですが、古典医学の考え方なのですね(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/21~ 6/5)

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)
陽気がよくなり、草木が次第に生長して生い茂るという意味。

七十二候

紅花栄(べにばな さかう)

紅花(べにばな)が咲き誇るころ。

〔小満の次候

紅花はキク科の一年草または越年草。推古天皇の時代に朝鮮半島を経て渡来。安土・桃山から江戸時代にかけて、京染めの藍茜、紫根と共に代表的な染料として用いられた。

*5月26日~5月30日ごろ

季節は初夏

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。