黄帝内経 49.脈解篇(みゃくかい)

黄帝内経の49番目は脈解篇(みゃくかい)

病理、病症を説明していきます。

 

①足の太陽膀胱経の病

 太陽経の陽気が不足すると腰が腫れ尻が痛む。

 太陽の陽気が上部に集中すると、項背が強ばって痛む。

 さらに上行すると耳が鳴る。

 さらに頭部に集中すると狂状を発したり、テンカンをおこしたりする。

 この時は陽気が上にあり陰気は下に当たる。

 上実下虚の状態である。

 下に陰気が多いと足が冷える。

 このように太陽の気が逆上するのは、房事や労働により腎気が虚したからだである。

 腎経は咽喉を絡うので、腎虚になると声がでなくなることがある。

 

②足の少陽胆経の病

 少陽経の陽気が多くなると胸や脇が痛む。

 寝返りもできなくなる。
 ひどくなると足の方から脇まで痛む。

 

③足の陽明胃経の病

 陽明経の陽気が不足すると、水をかけられたように悪寒がする。

 脛が腫れて歩行も不自由になる。

 陽気が不足して陰気が多くなると腫れる。
 そのたまった水と上部の陽気が争うと呼吸が苦しくなる。

 さらに上部に水が多くなると胸が痛み呼吸が浅くなる。

 陽気が不足し陰気が多くなると、手足が冷え、人に会うのを嫌がり、暗い部屋に閉じこもりたくなる。驚き恐れやすくなる。

 陰気が多くなりすぎて、陽気が頭に追い詰められると、狂状を発す。 

 高いところに昇り歌をうたったり、衣服を脱ぎ棄てて走り出す。

 陽明経の気が上部だけにのこると、頭痛、鼻出血、鼻づまり、腹が腫れるなどの症状が出る。

 

④足の太陰脾経の病気

 太陰経の陰気が多くなって、陽明経の陽気が不足すると、噯気(あいき)が出る。

 食べると嘔吐する。

 大便やガスが出ると、中につまっている気が抜けるから楽になる。

 

⑤足の少陰腎経の病

 少陰経の陰気が多くなると、その場である腰が痛む。

 上の陽気と下の陰気が交流しないと咳き込むので嘔吐する。

 また、急に立ち上がるとくらくらする。

 陰気の気が充分に交流しないと、怒りやすくなったり、恐れ驚きやすくなる。

 

⑥足の厥陰経の病

 陰気が盛んでおし込められると、男子は下腹や睾丸が腫れて痛む。

 女子は下腹が腫れる。腰痛になって前屈後屈ができなくなる。

 小便が出にくくなる。

 もし、陽気が盛んになってきて陰気を争うと口が渇く。

 

本当はもっと季節と病症を説明してあるらしいが、難しすぎたらしい。

と言う事で身体から発する病症は気と連動しているのです(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬(11/7~11/21)

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
この日から立春の前日までが冬。

日は短くなり時雨が降る季節。

 

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

水仙の花が咲くころです。

 〔立冬の末候〕

*11月17日~11月21日ごろ。

季節は初冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
予約鑑定承ります!
予約鑑定承ります!

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。