今日の卦は天水訟(てんすいしょう)

イーチンタロットの64卦の6番に「天水訟(てんすいしょう)」という卦がある。

前の5番の卦は「需(じゅ」で飲み食いに関係する。

飲みすぎるとつい言い争いが起きる。

そこで「需(じゅ」の次に「訟(しょう)」が来る。

人間関係で「訟(しょう)」を見ると、自分は陰で気が弱く、

相手は完璧な陽で強くしっかりしている。

だから、自分に強い権力で圧迫しようとしている。

一人の人間に例えるならば、陰気で不安な内面と、外面の強気で自己矛盾を

起こしている。

人の道としての解決こそが「咎(とが)なし」と言う事(笑)

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

芒種(6/6~ 6/20)

芒(のぎ)ある穀類、稼種する時也(暦便覧)
稲の穂先のように芒(とげのようなもの)のある穀物の種まきをする頃という意味であるが、現在の種まきは大分早まっている。

西日本では梅雨に入る頃。

七十二候

梅子黄(うめのみきばむ)

梅の実が黄ばんで熟すころ。

江戸時代以降、花見といえばサクラ。奈良時代以前は「花」といえば、ウメを指すことが多かった。平安京御所の紫宸殿の前の左近のサクラと右近のタチバナも創建当初は、桜ではなくウメ。〔芒種の次候

* 6月16日~6月20日ごろ

季節は仲夏

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。