月待ち

暦の勉強会、第2弾、月待ちの会を浅草の志賀先生のお宅を会場にして行いました。

昨夜は、曇り空。

月の上がる時間は午後7時30分ごろ。

それまで会食と懇親会。

 

そして、志賀先生が昔の人たちが楽しんだ月待ちについてお話を。

藤原の道真は、三日月を待ったそうです。

 

7時30分を過ぎても、なかなか顔をのぞかせない月。

 

室内の明かりを消して静かに月待ち。

まだ出てきません。

 

しびれを切らして、参加者の自己紹介。

ベランダでじっと月待ちしていた人が、

雲がオレンジ色に光っているところを発見!

 

とうとうお月様が雲の合間から顔をのぞかせてくれました。

 

やった!

自己紹介は中断。

 

全員窓際に移って上ってくる月を鑑賞。

 

雲間を凄いスピードで上がっていくオレンジ色の月に感動!

 

スマホではきれいに映らないのでお見せできないのが残念。

 

午後9時ごろまん丸の月が顔を出しました。

 

最後に十六夜の月を眺めて、お開きとしました。

 

また暦の勉強会(月待ちの会)を行いますので、

 

今回参加できなかった皆様には是非ご参加ください。

 

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

麦秋至(むぎのときいたる)

麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから名づけられた季節。(小満:末候 )

大麦は世界最古の穀物の一つ。

およそ1万年ほど前から西アジアから中央アジアで栽培。奈良時代には日本各地で栽培されていました。

 

* 5月31日~6月4日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。