月待ち

暦の勉強会、第2弾、月待ちの会を浅草の志賀先生のお宅を会場にして行いました。

昨夜は、曇り空。

月の上がる時間は午後7時30分ごろ。

それまで会食と懇親会。

 

そして、志賀先生が昔の人たちが楽しんだ月待ちについてお話を。

藤原の道真は、三日月を待ったそうです。

 

7時30分を過ぎても、なかなか顔をのぞかせない月。

 

室内の明かりを消して静かに月待ち。

まだ出てきません。

 

しびれを切らして、参加者の自己紹介。

ベランダでじっと月待ちしていた人が、

雲がオレンジ色に光っているところを発見!

 

とうとうお月様が雲の合間から顔をのぞかせてくれました。

 

やった!

自己紹介は中断。

 

全員窓際に移って上ってくる月を鑑賞。

 

雲間を凄いスピードで上がっていくオレンジ色の月に感動!

 

スマホではきれいに映らないのでお見せできないのが残念。

 

午後9時ごろまん丸の月が顔を出しました。

 

最後に十六夜の月を眺めて、お開きとしました。

 

また暦の勉強会(月待ちの会)を行いますので、

 

今回参加できなかった皆様には是非ご参加ください。

 

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

春分 (3/21~ 4/4)

日天の中を行て昼夜等分の時也

(暦便覧)
この日をはさんで前後7日間が彼岸。花冷えや寒の戻りがあるので暖かいと行っても油断は禁物。

七十二候

雀始巣(すずめはじめてすくう)

雀が巣づくりを始める頃。この時期、雀が隠れるほどに草がのびることを「雀隠れ」といいます。

 〔春分の初候

*3月21日~3月25日
季節は仲春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。