黄帝内経 30.陽明脈解篇(ようめいみゃくかい)

黄帝内経の30番目の「陽明脈解篇(ようめいみゃくかい)」は足の陽明胃経の病変について書いています。

 

黄帝内経には素問と霊枢という本に分かれている。

中医学では代表的な古典です。

時代も最古の次に古いものらしい。

 

霊枢の書かれている内容は針灸治療について。

全部で9巻ある。

 

霊枢には各経脈の病症が記されていて、陽明胃経の病症を岐伯先生が詳しく説明してくれている。

 

黄帝=「足の陽明の脈が病むと「人と火を嫌い」木の音を聞いても恐れる。

     裸になって走り、高いところに登って歌う。
     誰にでも悪口を言う。
     この病理を教えてください」

 

岐伯=「これは胃が熱を持った状態。

     熱があるところに火がよってくるから嫌うのだ。

     胃は四肢を栄養する。

     胃熱だから四肢に熱をもつ、だから常人には登れないような垣根も越すだけの力がでる。

     陽気(熱気、活動力)が異常に多くなった状態だから、じっとしていれない。

     身体も熱いから裸になる。

     精神的にも落ち着きがなくなり、歌をうたったり、他人の悪口を言いたくなる」

 

※不思議な行動をしてしまうものですね(笑)

 

以上の病症は、現代医学で言えば精神分裂症の部類。

 

しかし、古典医学ではこれを胃熱と考え、胃経の写法をする。

 

・胃熱の人は食欲異常亢進。
 ※亢進とは「高ぶり進む」と言う意味

・口渇き

・便秘

・多言

・暑がり

・赤ちゃん顔

・大言壮語

 ※大言壮語とは実力以上に大きな事を言うこと

・歌の好きな人
このような状態の人は胃熱である。

 

狂状だけが胃熱ではないらしいです。

それにしても、東洋医学の人の見方を知ると面白いね。

精神分裂症なんて聞いたら、ちょっと一緒に入れない人という雰囲気なのに、
胃熱なんだって言われると、普通の人間に思えてくる。

ここに、人間関係の取り扱い方法がついたら完璧ですね(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード