1月7日

今日は七草粥。


芹(セリ)

薺(ナズナ)

御形(ゴギョウ)

ハコベラ

仏座(ホトケノザ)

菘(スズナ)

須々代(スズシロ)

 

これが春の七草。

 

1月7日に七草粥を食べる習慣は古代中国に始まり、

日本では、平安時代に宮中の儀式として、

江戸時代には一般に定着し、江戸幕府の公式行事となったそうです。

 

中国・前漢の時代、武帝に仕えた学者,東方朔が著した「占書」に、

正月1日を鶏の日、

2日を狗(犬)の日、

3日を羊の日、

4日を猪の日、

5日を牛の日、

6日を馬の日、

7日を人の日、

8日を穀の日として、

それぞれの一年の吉凶を占ったそうです。

 

その占い方法は、

晴天ならば吉、

雨天ならば凶の兆しであるとされたそうです。

 

また、7日の人の日には邪気を祓うために、

七草の入った粥を食べ、一年の無病息災を祈ったと書かれているそうです。

 

今年1月7日のお天気は晴れ、

めでたく「吉」ですね。

 

今夜は七草粥で一年の無病息災を祈りたい。

 

易たま

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード