小雪(二十四節気)

明日は二十四節気の小雪。
「こゆき」ではなく「しょうせつ」と読みます。

小雪は旧暦10月。新暦では11月22日ごろにあたり、
太陽黄経が240度の点を通過する時をいいます。

暦便覧では、「冬冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也」
とあります。
陽射しは弱まり、冷え込みが厳しくなる季節。

木々の葉は落ち、平地にも初雪が舞い始めるころだそうです。
北国や山間部で、チラホラと雪が降り始めるころ。
冬将軍が到来すると言われる時期です。
東京は晩秋の気候で雪はまだまだ先のことですが。

しかし、天気予報によりますと今年は小雪が降るかもしれません。

気象庁によりますと、北日本にこの時期としては非常に強い寒気が流れ込んでおり、
関東地方にも0℃~-3℃程度の寒気が流れ込むとの予想。
降水があれば、みぞれや雪に変わりる強い寒気だそうです。

 

初雪となれば11月としては54年ぶりだそうです。

23日は小雪の中の祝日となるかもしれませんね。

足もとに注意しましょう。

 

易たま

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立秋 (8/8日~8/22

初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧)
暑中見舞いはこの前日まで、この日以降は残暑見舞い。

七十二候

蒙霧升降(ふかききりまとう)

深い霧が立ち込めるころ。(立秋:末候)

* 8月18日~8月22日ごろ
季節は初秋。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。