寒露

旧暦の九月。

戌の月。
秋分後の十五日目にあたる。
新暦十月八日ごろ。
天文学的には、太陽が黄経195度の点を通過するときをいう。

暦便覧では「寒露」とは

「陰寒の気におうて露むすび凝らんとすればなり」

訳すると
「夜露が凍りそうなくらい寒くなる時期」である。

凄く寒い時期を想像すが、実際には朝晩が少し寒くなる時期である。

「陰寒」とは
陰陽では、「陽」は日のあたる明るい場所、「陰」は日のあたらない暗い場所をいう。
陽は夏で陰は冬。
陽は熱く、陰は寒い。

即ち、空を寒い陰気がおおって空気中の水蒸気が露となるということである。

この時期になると五穀の収穫もたけなわで、農家和忙しくなる。

また各地の神社では五穀豊穣の感謝をこめてお祭りが行われる。

山野は秋の色彩を帯び始め、紅葉のこえも聞こえる。

燕は南に帰り、北から鴨がやってくる。

菊が咲きはじめ、コオロギが鳴きやむ。


ネットに上がっている寒露の写真(イメージ)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大雪12/7日~12/21

雪いよいよ降り重ねる折からなれば也(暦便覧)

大地の霜柱を踏むのもこの頃から。山々は雪の衣を纏って冬の姿となる頃。

七十二候

閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)

天地の気が塞がって冬となる。

 空は重い雲に覆われ、生き物はじっと気をひそめています。

(大雪:初候)

*12月7日~12月11日ごろ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。