今日は立春。

春の初め。

『暦便覧』には「春の気立つを以って也」と記されています。
立春は、冬至と春分の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立夏の前日までが春となります。

また立春は、二十四節気の第1。
正月節(旧暦12月後半から1月前半)。

この日が寒さの頂点となり、翌日からの寒さを「残寒」または「余寒」といい、手紙や文書等の時候の挨拶などで用いられます。

立春は八十八夜、二百十日、二百二十日など、雑節の起算日(第1日目)となっています。
立春から春分の間に、その年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の強い風を春一番と呼びます。

ちなみに立春は旧暦1月1日だという勘違いされる方がおられますが、ほとんどの場合は正しくありません。
旧暦の1日は必ず朔(新月)ですが、立春は朔に関係なく定められています。
そのため多くの年は1日になりません。
ただし約30年に1度、立春が朔と重なり、旧暦1月1日になる年があります(朔旦立春)。
近年では1954年と1992年がそうです。
次は2038年と予測されているそうです。

易たま

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立秋 (8/8日~8/22

初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧)
暑中見舞いはこの前日まで、この日以降は残暑見舞い。

七十二候

蒙霧升降(ふかききりまとう)

深い霧が立ち込めるころ。(立秋:末候)

* 8月18日~8月22日ごろ
季節は初秋。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。