今日は小寒。

小寒(しょうかん)は、二十四節気の23番目。
太陽が黄経が285度の点を通過するときを言います。
期間として1月6日~1月19日まで、すなわちこの日から次の節気の大寒前日までです。

この日をもって「寒の入り」とし、寒中見舞いを出し始めます。


この日から節分(立春の前日)までを「寒(かん。寒中・寒の内とも)」と言い、暦の上では冬の寒さが一番厳しい時期となります。


小寒とは、寒気がまだ最大までいかないという意味ですが、
「小寒の氷、大寒に解く」という故事があり、実際は小寒のころの方が寒さが厳しいことが多いそうです。


今日は雨にもかかわらず比較的暖かいですが、今夜から強い寒気が入ってきて寒さが厳しくなるようです。

風邪など引かぬようからだに気をつけてください。


易たま


三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小寒(1/5日~1/19

冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也(暦便覧)

この日は寒の入り、これから節分までの期間が「寒」である。

これから冬本番を迎えます。

七十二候

水泉動(しみずあたたかをふくむ)

地中で凍った泉が動き始める 。 

(小寒:次候)

寒さの厳しい小寒ですが、季節は動いていて、地中では凍った泉が融けて動き始めています。

1月10日~1月14日ごろ

季節は晩冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。