今日は小寒。

小寒(しょうかん)は、二十四節気の23番目。
太陽が黄経が285度の点を通過するときを言います。
期間として1月6日~1月19日まで、すなわちこの日から次の節気の大寒前日までです。

この日をもって「寒の入り」とし、寒中見舞いを出し始めます。


この日から節分(立春の前日)までを「寒(かん。寒中・寒の内とも)」と言い、暦の上では冬の寒さが一番厳しい時期となります。


小寒とは、寒気がまだ最大までいかないという意味ですが、
「小寒の氷、大寒に解く」という故事があり、実際は小寒のころの方が寒さが厳しいことが多いそうです。


今日は雨にもかかわらず比較的暖かいですが、今夜から強い寒気が入ってきて寒さが厳しくなるようです。

風邪など引かぬようからだに気をつけてください。


易たま


三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

紅花栄  (べにばな さかう)

紅花が咲き誇るころ。

(小満:次候 )

推古天皇の時代(6世紀末から7世紀初め)に朝鮮半島を経て渡来。

江戸時代には『紅一匁(もんめ)金一匁』と大変高価な染料でした。

*5月26日~5月30日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。