星翔の漫歩径、五反田駅東口「母子像」

過日、品川駅付近を訪ねた際、非核平和都市品川宣言で、平和の象徴を捧げた母子像に出逢い、今日も亦五反田駅東口正面で母子像に逢えた。
母子像には各地でお出逢いますが、父子像には出逢ったことがない。


昔の映画だが、松本清張原作の“砂の器”で不治の病で苦しむ父とその息子が遍路姿で砂浜を歩いてゆくシーンに涙したことを想い出した。
父と幼い息子では明日への希望とか愛とか平和とかには不適切なんですネ。
どちらの母子像も母親に抱かれている子達は男の子に見えたが・・・。


星翔

※2004年、78歳で東京に出てきた当時の東京の街を絵と文字で綴ったコラムです。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

処暑 (8/8日~9/7

陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也(暦便覧)
萩の花が咲き、朝夕は心地よい涼風が吹く頃

七十二候

綿柎開(わたのはなじべひらく)

綿を包む咢(がく)が開ころ。(処暑:初候)

* 8月23日~8月27日ごろ
季節は初秋。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。