「昭和7年 五黄土星 壬申」星翔の六十干支更新!

五黄土星で二人の時の人が浮かんでくる。小泉純一郎元総理と石原慎太郎元東京都知事である。同じ五黄でも生年が違えば似て非なるところが多い。昭和7年壬申(みずのえさる)歳生れは石原慎太郎元都知事である。勿論知事の分析でなく同年生まれの一般の人の分析であるが公人石原慎太郎氏として周知している部分と照合されれば興味があると思う。土星とは土の性情で生産と育成を担当する。二黒土性は田畑の土。八白土性は山の土。五黄土性は土の精とする。従ってこの三様の土性にはそれぞれの使命があり、大宇宙からのエネルギー(氣)の質量が異なる。因みに一白から九紫までの九ッの星の中で最大エネルギーを保持しているのが、五黄で「帝王の星」と言われる所以(ゆえん)である。五黄土星は中央に定位し、他の八星を支配している。五黄の氣は爆発と破壊を示し、大正12年の関東大震災、平成7年の淡路神戸大地震、いづれも五黄の年であり、五黄の年には天変地変が不思議に多発する。五黄の特質として頭脳明晰、剛情、他言を受け入れない。若くして独立心が強い。独断偏見で失敗し、八方塞(はっぽうふさがり)を作る。情にはもろい。色事で苦労することのあるのはこの情か?本来、五黄の氣は寛仁(かんにん)の象で強気を碎(くだ)き弱きを助ける任侠肌(にんきょうはだ)の人に多い。>>続きを読む

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

処暑 (8/8日~9/7

陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也(暦便覧)
萩の花が咲き、朝夕は心地よい涼風が吹く頃

七十二候

綿柎開(わたのはなじべひらく)

綿を包む咢(がく)が開ころ。(処暑:初候)

* 8月23日~8月27日ごろ
季節は初秋。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。