昭和5年 七赤金星  庚午歳「星翔の六十干支」を更新!

或る有名女優さんが女性占者にあなたを守護する五行数、四と九の数字に該当するお金を浄(きよ)めればあなたの財が増殖すると云われ浄財の為、4900万円を持参したと云う話を聞いたことがある。七赤金星は金属が熱せられ溶かされて作られる貨幣を示すことから経済の消長にはこの七赤の遁甲(とんこう)を注意深く見守り推測することにしている。経済とは経世済民(けいせいさいみん)の略で社会の仕組みを改革して国民の生活を豊かにすることであると辞典にはあるが一向に楽にはならない。


七赤金星のご利益にあづかりたいものだ。七赤の定位置は西の正位30°範疇(はんちゅう)で兌(だ)宮(きゅう)と言い。兌は (りっしんべん)で悦(よろこび)。 (ごんべん)で説(せつ)もよろこぶと読み喜悦の星であることから恋愛問題、結婚、飲食、遊興などを表わす。人ではサービス精神旺盛な人で人気商売で成功した人はこの星生れの人が多い。
   

>>続きを読む


易たま

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立秋 (8/8日~8/22

初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧)
暑中見舞いはこの前日まで、この日以降は残暑見舞い。

七十二候

蒙霧升降(ふかききりまとう)

深い霧が立ち込めるころ。(立秋:末候)

* 8月18日~8月22日ごろ
季節は初秋。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。