今日は「霜降」、霜が降りる頃。

霜降(そうこう)は、二十四節気の第18番目。秋の季節の最後の二十四節気です。
天文学的には太陽黄経が210度の点を通過するときを言うそうだ。


秋も末で、霜が降りる頃という意味から霜降と言います。


この頃になると、秋のもの寂しい風趣がかもされてきて、
早朝など所によっては霜を見るようになり、冬の到来が感じられてくる。
小雨がときどき降り、楓や蔦(つた)が紅葉し始めます。とこよみ辞典にあります。


今日は霜どころか、釧路、青森では初氷がはるような冷え込みだそうだ。
東京も一日雨。

気温も上がらず11月下旬頃の寒さだそうです。


また、この日から立冬までの間に吹く寒い北風を木枯らしと呼ぶそうです。


季節の変わり目、風邪などひかぬよう躰に氣をつけてください。

 

易たま

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

水仙の花が咲くころ。

「金盞きんせん」とは、水仙の別名で、黄金の杯を意味してます。

(立冬:末候)

*11月17日~11月21日ごろ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。