「星翔の六十干支」を会員専用ページに公開

木村星翔先生が、昔、書きためていた六十干支を会員ページに公開いたしました。

 

今回の六十干支は1923年(大正13年)~1983年(昭和58年) 。

 

戦前、戦中、戦後の激動期、男性から女性の時代へ移りゆく60年間を九星と干支で綴られています。

 

本日公開したのは、中元の始まりである、大正13年、四緑木星の甲子歳です。

 

右の画像が公開したものです。

※クリックして頂ければ拡大してご覧いただけます。

 

ページの構成としては、ページTOPに星翔先生の絵と文字をスキャンしてそのまま載せました。

 

この肉筆から星翔先生の息吹きを直接感じ取っていただきたいと思い、訂正が加えられているところもそのままにしてあります。

 

本文は読みやすいようにテキスト打ちしてあります。

 

本文下に「この年の主な出来事」を載せました。

こちらは先生から頂いた資料をもとに作成したものです。

 

このような構成で「星翔の六十干支」は、毎週水曜日、公開いたしますのでお楽しみにしてください。

 

なお、事務局では、この「星翔の六十干支」をテキスト教材として「干支学」の講座を計画しております。内容が決まり次第、皆様にご案内させていただきます。

 

よろしくお願い申し上げます。

 

易たま

 

最後に、ひとつ言い忘れました。

会員ページに入るにはPWが必要です。塾生の方でまだPWをご存知ない方は事務局までご連絡ください。

※画像は上下に分かれていますので、拡大してご覧になりたい方は見たい方の画像をクリックしてください。
※画像は上下に分かれていますので、拡大してご覧になりたい方は見たい方の画像をクリックしてください。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小寒 (1/6~ 1/19)

冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也(暦便覧)
この日は寒の入り、これから節分までの期間が「寒」です。

七十二候

雉始雊(きじはじめてなく)

雄の雉が鳴き始める 。

〔小寒の末

*1月15日~1月19日ごろ
季節は晩冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。