9月27日勉強会のハイライト動画をUPしました。

今回は後半部で「艮」と「坤」です。


「坎」の水が引いて山のてっぺんが現れてくる。
これが「艮(ごん)」。

 

山の頂は他の力によって変化を起こす。

 

後天定位盤では「艮」は「東北」。

 

「東北」は「鬼門」の場所。

 

「鬼門」とは、頭に角をはやした鬼ということではなく「魂」のこと。
植物の「魂」は土の中におり、時期を得て地上に出てくる。
これを「鬼」が出るという。

 

殻を割って地上に出てくる。
「鬼門」は「魂」が出てくるところということを認識していれば、
「鬼門」を怖がることはない。

 

ただし、そこは太陽が上がってくる場所なので、
この場所を不潔にしておくと、
我々は生氣をいただくことができない。

 

「鬼門」は新しエネルギーが出発していくところ。
新しい気持ちを作り上げていく場所である。

 

エネルギーの準備段階からいうとそこを「衰変」という。
エネルギーが変わってくるところである。

 

希望をもって変われば新しい人生が生まれてくる。

 

だから「鬼門」の場所は大切に考えていただきたい。

 

その「鬼門」のもとが山のてっぺん。

 

山のてっぺんには人体では感じられないぐらいの神々しさがある。

 

山というものの素晴らしさを認識すると、
この「艮」というものの良さもわかってくる。

 

そして、次に坤。

 

この先は動画をご覧ください。

 

易たま。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小寒 (1/6~ 1/19)

冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也(暦便覧)
この日は寒の入り、これから節分までの期間が「寒」です。

七十二候

雉始雊(きじはじめてなく)

雄の雉が鳴き始める 。

〔小寒の末

*1月15日~1月19日ごろ
季節は晩冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。