秋分の日

今日は二十四節気の一つ「秋分」です。


秋のお彼岸の中日。


昼と夜の長さがほぼ同じになる日。

これから冬にかけて夜が長くなり、秋が深まっていきます。

昼と夜の長さが同じになるといわれていますが、実は昼の方がまだ若干長いそうです。

知りませんでした。


天文学的には地球が秋分点を通過する日(日本時間)となってます。


この秋分の日が祝日になったのは1948年(昭和23年)。


そもそも農村では春分の頃に豊作を祈り、秋分の頃に豊作を祝う自然信仰があり、

山の神様である先祖の霊を春分の頃に山から里にお迎えし、
秋分の頃に里から山へお送りする儀式が行われていたそうです。


これが仏教の浸透とともに秋分の日を中心に、この一週間を「秋彼岸」と言って、
各家々では、お墓参りに行ったり、先祖の供養が行われるようになってきたようです。

坊さんのビジネスモデルにやられたという感じですね(笑)


また、宮中では、明治時代に秋分の中日を「秋季皇霊祭〔しゅうきこうれいさい〕」として、祖先をまつる日となったそうです。


これらが国民の生活に定着し、祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日として「秋分の日」が制定されたそうです。


先祖によって、今現在の自分があることに感謝ですね。


易たま


三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

水仙の花が咲くころ。

「金盞きんせん」とは、水仙の別名で、黄金の杯を意味してます。

(立冬:末候)

*11月17日~11月21日ごろ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。