2018年

7月

23日

冷静に見るの風地観

易の64卦20番は冷静に見るの風地観(ふうちかん)。

上爻は「その生を観る。君子なるときは咎なし」

五爻が「我が生を観る」で上爻は「その生を観る」なので、「その」が違うだけ。

つまり、「その」とは客観的な距離を置いた見方。

世間や国民やすべての人々が「その生」をみているのです。

現役から引いたとはいえ、有力な地位にあり注目の的だった人だとすれば、その後の生き方もしっかり見られているのです。「隠退しても、やっぱりあの人は見識がある生き方をしている」と人々に尊敬されていればいいけれど、というところ。

人の目ではなく、天にいつも見られている心持で、正直に慎み深く生きていれば「咎なし」ですね(笑)

 

2018年

7月

22日

願いが叶う地沢臨

易の64卦19番は願いが叶う地沢臨(ちたくりん)。

上爻は「望むに敦(あつ)し、吉にして咎なし」

「敦し」とは、手厚いということ。

人に臨(のぞ)む立場の最上位です。

やるべきことは、すべて尽くし、謙虚な態度で、

後進に道をゆずる。

「老兵は去り行くのみ」などという消極的な気持ちではなく

「やることは、やり尽くした。あとは君たちに任せる。自分は満足して退くけど、

君たちを見守っているよ」というような明るい終わり方。吉で咎なし。

臨の卦は、初爻、二爻、五爻、上爻とに吉がつく。

また、四爻も吉の卦とみてゆく、つまり臨の卦そのものがめでたい卦だということ。

 

2018年

7月

21日

腐敗の山風蠱

易の64卦18番は腐敗の「山風蠱(さんぷうこう)」

上爻は「王候(おうこう)に事(つか)えず。その事(こと)を高尚(こうしょう)す」

この爻の言葉は、蠱(こと)の字が含まれていません。

つまり崩壊の生臭い出来事の他にいるのです。

浮世のさまざま、山あり川あり、崩れることも立ち直ったこともあるでしょう。

そのすべてを終わって、隠遁した状態。

私欲にまみれた俗世を超超、静かに暮らす。

変な欲がなくなれば、人間さわやかで自由な境地にいられる。

浮世におさらばですから、その先は天国かもしれないが、それも天に任せて心境です。

高尚(こうしょう)と個人はいいましたが、ひと仕事が終わってゆっくり次にそなえる時期と思ってもいいでしょう。

ただ、人生をひろくかえりみる貴重な期間として大切にすることです。

 

2018年

7月

20日

従うの沢雷随

易の64卦17番は従うの沢雷随(たくらいずい)。

上爻は「これを拘(とら)え係(くく)る。乃(すなわ)従ってこれを維(つな)ぐ、王用(おうもっ)て西山(せいざん)に享(きょう)す」

この爻は、従うの極地です。例えば相手が神であるかのように従い、身も心も捧げつくし、それこそ網で縛られてしまうように、相手にすべてをまかせている境地をさします。

投地拝礼などはそれを形に表しているものです。

誠心で神に祈ることができ、無心な心で天国行きのパスポートをもらうことができるでしょう。

ただ、まるごと従う相手を間違えば、大変なことになります。

新興宗教のマインドコントロールで身動きできなくなった人の末路は悲惨です。

オウム真理教の例にあります。

この卦に限らず、人間は相手を見定める心の目を養うことが大切。

それは同時に、自分自身を見極める訓練をたえずしていれば、しらないうちに身につくことです。

 

2018年

7月

19日

猛反省の雷地予

易の64卦16番は猛反省の雷地予(らいちよ)。

上爻は「冥豫(めいよ)す。成(な)るも渝(かわ)ることあり。咎なし」

この卦は、遊びにふけって何も見えなくなっている状態。

君主でも、社長でも、ともかく自分の楽しみに溺れて、国も会社も家も傾いているのに、まだ遊蕩三昧(ゆうとうざんまい)なのです。

遅かれ早かれ終わりがきます。

ただ、上爻は「震(しん)」の性格が残っていますから、ハッと気づいて心を入れ替えれば救いようがある。

「豫(よ)」の卦は全体に明るく見えながら、進んでいくほど暗くなる。

楽しみつづけていれば、必ず終わりがくる。

人間は楽しみに弱くついハメをはずす性質があるので、この卦は、節度を忘れず楽しみのワナにはまらないように気をつけることを警告しているのです。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大暑 (7/23~ 8/6)

暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧)
最も暑い頃という意味であるが実際はもう少し後。夏の土用の時期。

七十二候

桐始結花(きり はじめて はなをむすぶ)

桐始結花は「桐の実が生り始める」といった意味。〔大暑の初候

*7月23日~7月27日ごろ

季節は晩夏

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。