日本人のこころを学ぶ講座

「古事記のこころ」

教本:『日本を元気にする古事記のこころ』
教本:『日本を元気にする古事記のこころ』

「日本を元気にする古事記のこころ」の著者である小野善一郎先生が古事記の「天地開闢」から「天孫降臨」までを分かりやすく解説していただくとともに、その紙背にある「心」を学んでいただける講座となっております。

なお、本講座では古事記はもちろんですが、来年は御代替わりでありますので、儀礼である大嘗祭についても何回かに分けて取り上げてまいります。

本講座では、途中の回からお聞きになられてもお分かりいただけるよう、これまでの流れを先生が丁寧にご説明くださるので大丈夫です。

 

また講座終了後、小野先生を交えて受講者との直会(懇親会)もお楽しみいただけます。

講師    

小野善一郎先生
國學院大學大学院文学研究科、神道学専攻博士課程後期修了。
博士(神道学)。

國學院大学講師。

湯島天満宮権禰宜。

 

[著書] 
「伊勢神道思想の形成」、

「日本を元気にする古事記のこころ」

「あなたを幸せにする大祓詞」

「新嘗のこころ」

   

講座日程と内容

日時 内容
 平成30年12月28日(金)   19時~ 古事記とは何か(概要)

※勉強会終了後、先生を交えて直会を行います。お時間のある方は引き続きご参加ください。

参加費用 講座:2,000円直会(懇親会):500円(当日受付にてお支払いください)
     ※別途教本をお求めください
教本   『日本を元気にする古事記のこころ』小野善一郎著(A5判 257頁)青林堂発行2,000円+税 

     ※教本は必ずご購入ください。(すでにお持ちの方はご持参ください。)

 会場    翔氣塾・三軒茶屋教室(地図

 

メモ: * は入力必須項目です

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大雪 (12/7~ 12/21)

雪いよいよ降り重ねる折からなれば也(暦便覧)
山々は雪の衣を纏って冬の姿となる頃。

七十二候

鱖魚群(さけのうおむらがる)

鮭が群がり川を上る。

海で育った鮭は、産卵のために自分の生まれた川へと里帰りをします。〔大雪の末

*12月16日~12月21日ごろ
季節は仲冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。