方位神

方位の吉凶と日本人との関係は古く、平安時代には「方違(かたたが)え」といって、行こうとする方角が凶であると、いったん他の方向の地へ行って、そこから方角を変えて目的地へ行くということが盛んに行われた。

歳徳神(としとくじん)

牛頭天王の后で、八将神の母。この神のある方位は「恵方(えほう)」「あきの方」などと呼ばれ、万事に吉とされます。


金神(こんじん)

殺伐を好むといわれ、この神の方位は極めて凶とされます。


八将神(はっしょうじん)

吉凶の方位を司るとされる八神。

暦本の最初にあげてあり、その方位は年の十二支によって決まります。太歳、大将軍、大陰、歳刑、歳破、歳殺、黄幡、豹尾の八神。


八将神
暦注記載例 解説

太歳神

(たいさいじん)

 此方ニむかひて万よし

但木をきらす

木星の精。毎年、その年の十二支の方角と同方位に位置する(例えば子の年は北)。この方向に向かってことを行なえば万事吉だが、木を伐るのは凶。

大将軍

(だいしょうぐん)

ことしまて三年ふさかり
金星の精。殺伐を司り、その方角は凶。同方位に3年とどまって次の方角に移ることから、「三年ふさがり」ともいう。

大陰神

(だいおんじん)

此方ニむかひて

さんをせす

土星の精で、太歳神の皇后とされる。この方角に向かって結婚・出産を行なうのは凶。
歳刑神
 (さいきょうじん)
むかひて たねまかす
水星の精で、刑罰を司るとされる。この方角は万象に凶で、耕作・種まきを忌む。

歳破神

(さいはじん)

むかひてわたましせす

ふねのりはしめす

土星の精で、常に太歳の反対位置にあるという。この方角に移転(わたまし=引越)、旅行、乗船は凶だが、家畜を求めるを吉とする。

歳殺神

(さいせつじん)

此方より よめとらす
金星の精。この方位は殺伐の気に満ち、万物を損し滅する。特に結婚・出産を忌む。

黄幡神

(おうばんじん)

むかひて 弓はしめよし
架空の星、羅侯星の精。万物の墓の方といい、また兵乱の神ともいう。この方角に向かって土を動かすのは凶だが、弓はじめなどには吉。
豹尾神
 (ひょうびじん)

むかひて大小へんせす

くるいもとめす

架空の星、計都星の精。黄幡神と反対の位置にあり、万事不浄を忌み禁ずるとされる。大小便すること、家畜類を求めることを忌む。


土公(どくう)

土公神(どくじん)ともいい、土を司る神で、四季により位置を変えます。その場所、方位で土を犯すことを忌みます。


三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

白露 (9/8~ 9/22)

陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)
野には薄の穂が顔を出し、秋の趣がひとしお感じられる頃。

 

七十二候

玄鳥去(つばめさる)

燕が南へ帰って行く頃。

〔白露の末

*9月18日~9月22日ごろ

季節は仲秋

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。