翔氣塾特別講座

『古事記のこころ』を学ぶ

教本:小野先生の著書「古事記のこころ」改訂版
教本:小野先生の著書「古事記のこころ」改訂版

日本最古の書物である『古事記』は今から約1300年前に太朝臣安萬侶(おほのあそみやすまろ)によって編纂されました。
因幡の白兎やヤマタノオロチは日本の神話として馴染み深いですが『古事記』に書かれている意を理解することはなかなか難しいものです。本講座では『古事記のこころ』の著者である小野善一郎先生をおむかえし、『古事記』紙背にある意や心を学ぶ講座です。


講師    小野善一郎先生
       東京・湯島天満宮権禰宜。國學院大學兼任講師。
       國學院大學大学院文学研究科  神道学専攻博士課程後期修了。

       博士(神道学)
       [著書] 
       「伊勢神道思想の形成」、「古事記のこころ」、

       「日本を元気にする古事記のこころ」、「あなたを幸せにする大祓詞」

   

講座日程と内容

第1回 5月28日(木) 古事記の概要 終了
第2回  6月25日(木) 「天地開闢」 終了
第3回 7月23日(木)19時~21時 「天つ神と国土の修理固成」 終了
第4回 8月28日(金)19時~21時  「二神の結婚と大八島国の生成」  終了              
第5回 9月24日(木)19時~21時 「神々の生成」 終了
第6回 10月22日(木)19時~21時 「火神被殺」 終了
第7回 11月26日(木)19時~21時 「黄泉の国」 終了
第8回 12月24日(木)19時~21時 「禊祓と神々の化生」 終了
第9回 1月28日(木)19時~21時 古事記(前半の概要)+「須佐之男命の涕泣と昇天」 終了
第10回 2月25日(木)19時~21時 「誓約と須佐之男命の勝さび」 終了
第11回 3月24日(木)19時~21時 「天の石屋戸」 終了
第12回 4月28日(木)19時~21時 「五穀の起原と大蛇退治」 終了
第13回 5月26日(木)19時~21時 「大国主命(前編)」 終了
第14回 6月24日(金)19時~21時 「大国主命(後編)」 終了
第15回 7月21日(木)19時~20時30分 「稲羽の素兎と八十神の迫害)」 終了
第16回 8月25日(木)19時~20時30分 「大国主神の根の国訪問と歌物語」 終了
第17回 9月23日(金)19時~20時30分 「大国主神の神裔と国作り」 終了
第18回 10月27日(木)19時~20時30分 「葦原中国の平定と国譲り」(前編)  終了
第19回 11月17日(木)19時~20時30分 「葦原中国の平定と国譲り」(後編) ※内容変更有  終了
第20回 12月22日(木)19時~20時30分 「天孫の誕生と天孫降臨」(最終回)

参加費用 各回 2,000円(当日受付にてお支払いください)
      ※別途教本をお求めください
教本    日本を元気にする『古事記のこころ』小野善一郎著(A5判 223頁) 青林堂発行 

       ※教本は必ずご購入ください。(すでにお持ちの方はご持参ください。)

                  会場    翔氣塾・三軒茶屋教室(地図

メモ: * は入力必須項目です

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大雪12/7日~12/21

雪いよいよ降り重ねる折からなれば也(暦便覧)

大地の霜柱を踏むのもこの頃から。山々は雪の衣を纏って冬の姿となる頃。

七十二候

閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)

天地の気が塞がって冬となる。

 空は重い雲に覆われ、生き物はじっと気をひそめています。

(大雪:初候)

*12月7日~12月11日ごろ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。