『十二支のこころ』 勉強会(追加講義)

前回(易の誘い)、ご好評をいただきました松山翔隆先生による勉強会を行います。

 

テーマ:「十二支のこころ」

 

松山先生からのメッセージ

 同じ十二支を知る中国人と韓国人。同じような暦を使いながら、その考え方生き方は全く異なります。十二支を事細かに日本人の生活に当てはめ、文化にまで高めた先人の思いはなんなのか。暦が私たち日本人の精神に影響し、それが文化にまで高められた「いま」を生きる日本人。改めて先人たちの思いを現代に蘇らせ、次の世代に繋いでいくことが私たちの責務ではないか。

●勉強会の日時と内容

1)日本の暦と私たちの生活   2月8日(金)19時より
2)十二支の心1(亥 -  辰)   3月8日(金)19時より
3)十二支の心2(巳 -  戌)   4月5日(金)19時より

追加講義:十二支の心       6月7日(金)19時より

参加費用  各回 1,500円(当日受付にてお支払いください)

          懇親会に参加される方は別途500円

      ※お申し込みは全三回出席のみの受付となります。 

 

会場    翔氣塾・三軒茶屋教室(地図

メモ: * は入力必須項目です

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

紅花栄  (べにばな さかう)

紅花が咲き誇るころ。

(小満:次候 )

推古天皇の時代(6世紀末から7世紀初め)に朝鮮半島を経て渡来。

江戸時代には『紅一匁(もんめ)金一匁』と大変高価な染料でした。

*5月26日~5月30日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。